転職サイトおすすめ

楽な仕事ランキング|正社員職種・業種

 

 

 

 

 

同じ仕事をするにしてもきつい仕事と楽な仕事があるのであれば、楽な仕事の方が良いと感じる人の方が多いでしょう。自分から進んで困難を味わいたいと言う人もいるにはいますが、選ぶことが出来るなら楽な方が良いと言うのが一般的です。このような視点から、仕事を探す際にどのような点に気をつければ楽なものを選ぶことができるのかについて考えてみましょう。

 

 

 

 

まず原則として言えることとして、自分自身の苦手分野ではないと言うことが重要です。例えば肉体労働がきつい仕事であると言う人もいるでしょうし、頭脳労働がきつい仕事と感じる人もいるでしょう。長時間勤務や肉体労働に靴を感じなくても、人間関係や気遣いなどに疲労を感じるタイプの人もいますし、逆ももちろんあり得ます。このような視点から楽と感じる仕事の特徴としては自分自身が苦手としていないかどうかという点が重要になってくると考えられます。あまり多くないかもしれませんが暇であることを苦痛に感じる人もいるのです。

 

 

 

 

あくまでも一般的な傾向であると言えますが、肉体労働に苦手意識を感じている人には事務仕事などが肌に合う場合が多いです。作業量は非常に多い場合もあり、肉体的に楽な種類の仕事ではないことも多いのですが、自分に合っていると感じられるのであれば身体的にも精神的にも楽であると感じることがあるでしょう。特に女性はこのような種類の仕事を希望する傾向が強く、給料面などの待遇があまり良くなかったとしても事務職を希望する人が多いのはこのためと言われています。

 

 

 

 

一方でコミュニケーション能力を重要視する種類の仕事を苦痛と感じる人にとっては、工場等のライン勤務が肌に合って楽であると感じられることが少なくありません。実際には非常に忙しい現場であることも多いのですが、そこには複雑な人間関係やコミュニケーション能力が必要ないことも多いのです。最低限守らなければならないルールを理解すれば、すぐにでも仕事をすることができると言う点において楽であると感じられる場合があります。このような仕事も人気のある仕事として位置づけられています。

 

 

 

どちらの仕事も絶対的に楽な仕事であると言うわけではありませんが、自分自身の性格や考え方に合っているのであれば楽であると感じることもある種類の仕事としては代表的な存在です。可能であれば楽しいと思える仕事を探すのが最も望ましいことではありますが、そうでない場合には自分に合っていると感じられる職種を可能な限り選択していくということが重要です。

 

 

 

 

 

一方で長時間勤務にならないことを重要視する人も増えてきています。これは職場の風土に関係している部分が大きいといえますのでしっかりと確認しておくのが良いでしょう。残業があるかないかと言う点については働く前に確認をすることもできるようになって来ていますので、あらかじめ確認をしておくことにより大変な仕事を避けることもできます。とは言えどのような仕事であっても人員的に十分な余裕を持っている場合ばかりではありません。限られた人数で最大限の効率を実現するということを重要視している場合が多いため、気をつけなければならない部分です。

 

 

 

 

 

 

まとめになりますが楽な仕事を選ぶ場合、その特徴として考えられるのは自分の性格や考え方、ライフスタイルに合っているかどうかと言う点が非常に大きな要素を占めることになります。そのためやってみたいと感じられたり興味を持てたりする種類の仕事であることを重要視しなければなりません。精神的に嫌であると感じてしまうような仕事であれば、実際の作業量に関係なく、大変な仕事であると感じられる場合も多くなります。このような特徴があると言うことを理解し、自分の仕事を自分で選んでいくということがとても大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事ランキング

 

 

 

 

 

 

ブラック企業というわけではなくても、現在の仕事が辛くてもっと楽な仕事に転職したいと経験は誰にも一度はあるものです。毎日の仕事が急がして九手疲れてしまっている、定員を大きく超過した通勤電車に揺られながらの通勤だけで身体はへとへと、こんな毎日を送られている方は、転職が現実的な選択肢になってくることでしょう。そこで今回は楽な仕事をランキング形式でご紹介します。尤も何をもって「楽」といえるのかは自分に合っていることが大前提です。転職を考えるなら職種と同時に転職前後の収入や拘束時間などをシミュレートして慎重に臨むことを忘れないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングの第一は「工場勤務」です。大手企業でも多い職種で、大人数が努めているイメージですが工場勤務はある意味は自己完結する作業です。工場で働くことはある意味、孤独との戦いでもあります。入社当初は各種の研修などがあるので集団活動の部分もありますが、スキルを身につけたあとは、一通りのタスクを一人で終始取り組むことになります。孤独と聞くと閑職のイメージもありますが、逆に言えば人間関係や人とのかかわりにストレスを感じる性格の方にとっては理想の職場のひとつと言えます。営業職のように顧客のもとへ営業にまわったり同僚と顔をあわせるなどが必要な会社員とは異なった特徴があります。反面生産性やノルマ・時間の制限など会社員とは異なる負担もあります。とはいっても最低限のノルマをこなせば、あとは自分のペースで作業を進めることができ、時間配分も比較的自由です。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングの第二位は「事務職」になります。事務職は簿記などの必要資格を取得しておけば、すぐにでも再就職のチャンスがあるので、楽な仕事の上位に位置づけられる職業です。汎用性の高い資格なので転職のときにも強い武器になってくれるはずです。ただし求人が出たときには迅速にエントリーするのが賢明です。それというのも事務職が比較的業務内容が楽、というのはインターネット上でも広がってしまっているため、人気が高い職種で求人数も減少傾向が続いているからです。4-5時間で毎日の業務が終了してしまう事務職は拘束時間も短く、営業職に比べれば仕事量も少なくなります。ただし企業の規模や業種によっては激務の場合もあるので、実際の転職活動にあたっては帰宅時間や残業の有無等を転職関係の口コミなどで確認しておくことが必要です。薄給なことが多いのはデメリットですが、長期間勤務すれば昇給も望めるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングの第三位は「法人向けのコールセンター」です。法人顧客向けのコールセンターは個人のクライアント向けのコールセンターに比べれば精神的負担も少なく、労働量もさほどありません。個人向けの場合は理不尽な要求を行なうクライアントも珍しくないことから、精神的に病んでしまい退職の憂き目にあうことは珍しくありません。これに引き換え、法人向けであれば相手も同じ営業している法人なので、紳士的で常識的な対応を期待出来ます。企業同士でとらぶるになっては互いに不利益になるので、話しも通じやすいという特性があります。確かに法人向けではそれなりのノルマを達成しなければなりませんが、顧客のクレーム対応に忙殺されることは無いので、精神的に高いストレスを感じることも少ないといえます。顧客企業の営業時間の都合もあるので、残業などの長時間労働もすくなく定時で終了するのが基本です。

 

 

 

 

 

ランキングかの第五位は「タクシー運転手」になります。薄給のイメージがつよいタクシー運転手ですが近年は人手不足の影響で平均年収は上昇するトレンドが定着しています。人間関係に悩むことなく自分のペースで仕事できることから楽な仕事の一つとして人気を集めつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事・正社員

 

 

 

 

 

 

世の中に楽な仕事はなかなかありません。それでも、正社員になれておすすめなのが工場勤務です。工場の場合、勤務時間はきちんと決められていて、時間になれば帰宅できるし、休み時間やお昼の時間もきちんと取ることができます。もちろん、多少の残業はありますが、近年は働き方改革が叫ばれていて、36協定で決められている範囲を超えるような残業はありません。有給休暇の取得も推奨され、組合に保護もされているので、休みもしっかり取ることができます。営業の様にお客様の都合によって、夜遅くなったり、休日に接待で出向かなければならないこともありません。決められたことを、決められた通りに決められた時間を働けば、十分に評価もされ給料もアップします。もちろん、その中で良い改善やアイディアを出していけば評価はさらにアップして出世も望むことができます。ボーナスがあるのはとっても楽しみで、さらにやる気もでます。

 

 

 

 

 

工場勤務の場合、夜勤もあって辛い仕事ではないかと思われている人が多いようです。そのため、募集があっても敬遠している人が大勢います。でもちょっと待ってください。募集要項の手当の欄をしっかり確認してください。夜勤手当はとってもお得で、昼間だけの勤務の人と比較したらお給料がだいぶ違います。夜は人も少なくなるため、責任持った仕事をこなさなければなりませんが、その分わずらわしさは少なくなります。昼に銀行や役所などの用事がある人にとっては、便利な勤務体系です。もちろん夜勤だけの勤務体系を取る会社は少なくて、シフトを組んでローテーションで交代して勤務するのが普通です。夜勤手当の他にも、夜食の補助がでたり、夜勤をしている人には健康診断も多くの補助が出るなど有利な面も多々あります。健康に自信があって、多くのお給料を望んでいる人は夜勤勤務を希望してみてください。

 

 

 

 

工場勤務は、手や足を動かして非常に忙しい仕事だと思われている人もいます。でも実際は、設備の監視作業や検査の作業が多いようです。昔と違って様々な機械が自動で動いて、製品を作ってくれるので、自分の手を使って組み立てるなどの作業はほとんどなくなってきました。設備の取り扱い方法と手順を覚えてしまえば、後は材料を供給するだけで設備が自動で製品を作ってくれます。何台もの設備があっても、操作方法が同じならば楽に管理ができます。

 

 

 

 

 

 

検査を担当する人も、近年は画像による検査装置が進んできており、細かく顕微鏡で検査する項目も減っています。微細な検査は画像装置が行い、人は照合検査や、機械ではできないファジーな部分の検査を行います。重欠点の検査は機械が行ってくれるので、精神的にも楽になっています。

 

 

工場の勤務は危険だと思っている人がいますが、非常に安全です。労災の発生については厳しく監視がされており、設備へのカバーや危険物質の管理や制限など、安全管理は徹底して行われています。安全衛生には必ず管理者を置いて管理していますし、消防署や労働基準監督署、行政も監査にきます。どんな仕事よりも安全と考えても良いでしょう。

 

 

 

最後に、工場勤務の環境ですが、製品を作る場合には温湿度管理が重要なため、工場内は年間を通して一定の温度に保たれている所が多いです。空調は厳しく管理されていて、夏は涼しくて冬は暖かいので、自宅にいるよりも工場で仕事をしている方が快適です。環境ISOの取得をしている企業も多いので、有害物質や廃棄物の管理も徹底されています。
このように、現代の工場は外から感じるイメージとは違って、非常に整備された労働環境となっているのです。
正社員になれる楽な仕事のベスト1は工場勤務でしょう。筆者のおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事についての記事はいかがでした。

 

 

 

もし求人を見つけるならおすすめのサイトはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事探し・転職サイトおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

 

 

転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1

 

 

 

 

一般公開している求人・非公開求人含め・10万件以上の転職求人情報

 

 

 

※応募が殺到しすぎるお宝求人・企業戦略上一般公開できない重要求人・非公開にせざるを得ない魅力的な求人も多数)

 

 

 

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介

 

 

 

求人の紹介だけではなく職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポート

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

http://r-agent.com/

 

 

 

 

 

 

 

まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT

 

 

 

 

スカウト機能を利用すれば企業から直接オファーがくる場合もあり

 

 

 

 

 

リクナビNEXT・無料登録はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DODAエージェントサービス

 

 

 

 

 

転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した

 

 

専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、

 

 

万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス

 

 

 

 

 

 

DODA 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

https://doda.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア

 

 

 

 

 

正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から

 

 

 

キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス

 

 

 

業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

http://pasonacareer.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクナビNEXT

 

 

 

 

リクナビNEXTは転職者向け専用サイト・どんな転職求人があるのか調べてみたい方へおすすめ

 

 

 

職務経歴書作成・企業からの直接オファーがもらえるなど無料登録で使えるサービスが豊富

 

 

 

 

 

 

リクナビNEXT・無料登録はこちら

 

 

 

 

 

 

https://next.rikunabi.com/

 

 

 

 

 

 

 

転職の相談ならリクルートエージェントがおすすめ・キャリアアドバイザーが全面サポート

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職サイトコラム

 

 

転職時の自己PRが不得意だという人も多数いることでしょう。

 

 

自分の良いところや得意とすることを知らなくて、うまく言えない方もかなりいます。

 

転職に関するサイトで性格の診断を役立ててみたり、友人に質問してみるという手も良いと思います。他にも、志望する企業に転職可能だったら、どのような成果があげられるのかも考慮してみてください。転職をする場合は、好印象を与える綺麗な服を着て面接に臨み、前向きに生きている方だと思わせるように動きましょう。興味をもたれるであろうことは最初から用意されていますから、シナリオを書いておいて、切れ味の良い口調で答えてください。

 

 

うまく説明ができなくなったり、否定的な言い方はやめましょう。強気の気持ちを貫きしょう。転職する際の志望動機で重要なことは、意欲的で前向きさを感じさせるような内容だと思います。
これまで以上に成長を可能とするとか、自身の能力が活用できそうだといったやる気を感じさせるような志望動機を伝えましょう。

 

 

できるだけ、その企業の特長に合ったきちんとしたですから、ホームページ等で十分な下調べをするのがお勧めです。

 

 

転職のためにアドバンテージとなる資格もあることですし、転職を考える際には取得も視野に入れましょう。

 

 

別の分野へ転職を希望する人なら余計、経験したことがありませんから、他に志願している人達の方が有利になるので、その業種において使える資格を取得し備えておけばいいですね。
資格があれば絶対に採用を勝ち取るわけではありません。

 

飲食業界から全く違う種類の職に就くのは大変だと聞きます。飲食業界ではつらい条件で勤務をするしかないということが多いため、不安な将来を思い描くようになり、仕事を変えたいと希望する人も少ないということはないでしょう。

 

そのまま、なんらかの障がいを抱えるようなことになったとしたらもっと転職しづらくなってしまうので、転職活動を始めるなら早めがいいですね。もしもUターン転職をしたいと考えているなら、その地方の求人情報を得ることが難しいこともあります。
ただ、転職サイトであったり転職アプリを駆使すれば、地域密着の求人情報が得やすくなりますし、応募だってすることができちゃいます。豊富な求人情報の中で自分にぴったりな転職先と出会えるように、思いつく限りのツールはなんだって積極的に利用しましょう。毎日スマートフォンを使う方には、転職アプリを使ってみてほしいです。

 

 

 

お金も通信料しかかかりません。

 

求人情報を検索したり、気に入ったところに応募するまで、誰でも簡単にできます。
時間も手間もかからないから、求人情報誌やハローワークより面倒じゃないと思うのでは、というくらい手軽だし、便利なんです!ただ、どの転職アプリを使うかによって、ついている機能や使い方が変わってくるので、レビューなどで確認してください。
一般的に、転職活動をする時に用いる履歴書では、自身の職歴を伝わりやすいよう整理して書く必要があります。どのような業務をしてきたのかが伝われば、新しい職場に馴染み、力を発揮できるか、人事も分かりやすく、採用のきっかけになります。同様に、写真はとても重要なものなので、少し手間はかかりますが、きちんとしたところで、撮ってもらいましょう。もし、書き間違いをしてしまったことに気づいたら、訂正するのではなく、もう一度書き直しましょう。いざ異業種へ転職をしようとしても、転職できる先がないじゃないか!ということが多いでしょう。

 

 

 

歳をとってから転職を考え始めたのではないなら未経験でも転職に成功するチャンスはいくばくかありますが、四十路に差し掛かっているような人々はより低い成功率でしょう。

 

 

 

とは言ったものの、慢性的に人員不足に陥っているような業種というのは探せばありますので労働条件もそれなりではありますが転職できるかもしれません。

 

 

転職をしたい気持ちは山々なのに次がすぐにない時代で、メンタル面での苦痛からうつ病を発症してしまう人もいます。うつ病の症状をかかえてしまうと、治療は医師との共同長期計画のようなものになりますし、所得の維持と疾病治療の両方でお金に悩みます。いざ転職の決心を実行すべく転職活動に手がけはじめると、描いた計画のようにはいかずにもうだめだと感じて、どうして生きてゆけばいいのか分からなくなる人がたくさんいます。

 

 

次の職場の採用が決まるまで苦しんで待つのではなく、その苦しみにあるときに速やかに、相談員のいる専門の窓口で悩みを打ち明けてみましょう。

 

 

一般的に、転職先を決めるために大切なのは、多くのリクルート情報の中で自分にマッチした転職先を探し出すということです。転職がうまくいくためにも、色んな手段を使って求人情報を収集しましょう。会員だけにしか公開されていない求人もあるそうなので、転職サイトやアプリは一つに限らず使う方が断然良いです。ゆっくり自分のペースで行って悔いの残らない転職をしましょう。
こうすれば一番だと思われる転職の仕方は、転職する先を探しながら仕事を続け、転職先が決まったら、辞表を書くことです。職を辞めてしまってから転職先を探そうとすると、次の就職先が見つけられない場合、次第に焦りが出てきます。
加えて、経済的に困ることも考えられます。

 

ですから、退職する前に探すことがベストです。

 

また、自分の力だけで転職しようとしなくても頼れる人を探すことも一つの方法です。まだの方は転職サイトを試してみると、他の媒体では入手できない求人情報を閲覧することも可能です。

 

 

 

さらに、より有利な転職活動を展開するための提案やアドバイスを受けることも可能です。

 

利用は無料ですから、ネット環境が整っているのなら活用しない手はないでしょう。新たな職場を探す手段の一つとして、活用することを強くお勧めします。

 

残念ですが、転職しなければよかったと後悔することもあるでしょう。

 

 

転職前より上手く行かなかったり、年収が理想と違ったり、職場のムードにとけこめない事もあるものです。
そのため、転職を落ち度なく成功させるには、十分に調べる事が大切です。
それから、自分の魅力を伝える力も必要なのです。ゆっくりと取り組んでください。時期的に転職に適するといわれるのは、3月、または、9月が求人情報が増えていいでしょう。それに、2年以上働いていれば、長く働くと判断してくれるでしょう。

 

 

 

職種の希望がある場合、いつも求人情報を確認して、募集を見つけたらタイミングを逃さず申し込むといいのではないでしょうか。

 

職場によっては欠員がないと募集しないので、いい時機を逃しがちになることもあります。